(住宅ローン体験談)新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる?

      2016/08/04

住宅ローン体験談新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる
お家の新築は契約から完成、引き渡しまでおおよそ半年程度はかかります。半年もあればいろいろなことが起こります。
例えば、夫婦合算で住宅ローンの申し込みをして、建物の着工に入ったものの、新築途中で離婚してしまうことも・・・。

新築中に離婚してしまった場合、申し込んだ住宅ローンはどうなるのでしょうか?

建物が完成するまでは住宅ローンは実行されていない

住宅ローンは通常、建物完成後、完成した建物と土地に抵当権を設定することで住宅ローンの実行がなされます。

しかし、土地が他人のものであれば建物を建てはじめる前に所有権を移転する必要がありますし、また建物の新築を請け負った住宅会社は着工金や中間金という形で、着工中から契約金額の一部を入金することを求めてきます。

そのため、新築で住宅ローンを利用する場合、完成した土地と建物に対して融資が実行される住宅ローンと、土地や着工金、中間金といった着工中に必要な資金を融資するつなぎローンの2本のローンを利用することになります。
(1本の住宅ローンの1部を前借りする融資形態もあります)

住宅ローンの申し込みをしたものの、途中で離婚した場合、土地の融資実行前であれば、土地建物契約時に支払った手付金の放棄程度で計画を取りやめることもできますが、すでにつなぎローンを実行してしまっていた場合後戻りすることが難しくなります。

夫婦合算で申し込んでいた場合は再審査が必要

夫婦の所得を合算して住宅ローンの申し込みをしており、離婚してどちらか一方が住宅ローンの支払いをする場合には再度単独の収入で住宅ローンの審査をする必要があります。

単独では収入が少なくなって、以前と同じ借入額を借りられない可能性もあります。

その際、建物の建築がまだ進んでいなければサイズを小さくして契約金額を下げたりすでに発注してしまった部分のお金を支払って解約したりという方法が取れる可能性もあるので契約した住宅会社に相談してみると良いでしょう。

また、ご両親と一緒に住宅ローンを組む親子リレーローンご兄弟と合算で住宅ローンを組むことができる場合もあるので銀行にも相談すると良いです。

(住宅ローン体験談)新築中に離婚してしまった場合

住宅ローン体験談新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる01
Yさん(奥様)は夫婦合算で住宅ローンを申し込んでいたものの、建物が着工して1カ月が過ぎたあたりで離婚することが決まってしまいました。
Yさんの方がご主人より収入はあったものの、ご主人を主債務者として夫婦合算で住宅ローンの審査の承認を得ていました。

住宅ローン体験談新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる02
Yさんは土地の所有権をYさんに、建物の所有権をご主人にする予定だったため、離婚した段階では土地の所有権が売主からYさんに移っている状態でした。

住宅ローン体験談新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる03
離婚後ご主人単独で住宅ローンを支払い続けていくことが難しかったこともあり、Yさんのものとして新築を進めることが決まり、Yさん単独で住宅ローンの再審査をすることになりました。

住宅ローン体験談新築中に離婚したら住宅ローンはどうなる04
しかし、Yさん単独では充分な金額の融資を受けられるだけの年収がなかったため、再審査の結果は500万円の減額となってしまいました。

足りなかった分をご主人に出してもらうことも考えましたが、すぐにそれだけのまとまった金額を用意することもできず、結果として、Yさんはお父様から資金の援助を受けて残りの500万円を用意することになりました。


 
住宅ローンは申し込み時と申し込み後で状況が変わってしまうと再審査をする必要があります

つなぎローンの実行前であれば計画を取りやめることもできますが、実行してしまった後ではそれも難しくなります。

新築途中で離婚してしまったという場合にはその段階で支払わなければならないお金がいくらなのか確認し、住宅ローンは組み直せるのか、組み直せるとしても融資額が減ってしまう場合には差額分をどうするのかできるだけ早く対策を考える必要があります。

 - 住宅ローン体験談