住宅ローンを住宅会社に頼りすぎると借入額が大きくなる?

      2016/09/14

住宅ローンを住宅会社に頼りすぎると借入額が大きくなる
住宅ローンの相談は、いきなり銀行に相談に行っても良いですし、住宅会社の担当者に任せてしまっても大丈夫です。

住宅ローンについて銀行に相談するのと、住宅会社に相談するのとではどのような違いがあるのでしょうか?

住宅ローンの相談は銀行と住宅会社どちらにするべき?

住宅購入のためのローンを組もうと思った時、住宅ローンの相談は銀行に直接行くのと住宅会社の担当営業に相談するのとではどちらが良いのでしょうか?

私の意見としては、基本的には住宅会社に相談した方が良いと考えます。というのも、住宅ローンは商品ごとに土地と建物の資金や諸費用としてなら融資できるが家具代金や引越し費用としては融資できない、といった取り決めがなされているからです。

最終的には銀行の担当者の力で何とかしてもらうこともできるでしょうが、最初から住宅会社に相談しておけば、上記の例で言えば家具代金や引越し費用も融資を受けられるなど、要望にあった銀行の紹介を受けることができます。

また、場合によっては家具代金や引越し費用もリフォーム費用として見積もり書を作成し、銀行に提出するといった力技も可能な場合もあるでしょう。

本音で言えば銀行側もけちくさいことを言いたくはないのですが、お金を扱うという仕事上、基本的にはルールから外れたことはできません。最初から銀行に相談に行ってしまうと、その銀行のルールの中だけで融資を考えなければならなくなります

一方、住宅ローンを住宅会社に頼りすぎてしまうことにも弊害があります。それは、当初の予定よりいつの間にか借入額が大きくなってしまったという事態を招きやすいということです。

住宅会社の使命は良い住宅を建てること

住宅会社の使命は良い住宅を建てること、もっと言えばより大きな金額の契約をすることです。

こう書くと悪い意味で捉えられてしまう方もいるかもしれませんがそうではありません。お客様の希望がはっきりと定まっていれば住宅会社の担当者もその範囲内に収めようと努力するはずですが、多くはそうではありません。

気に入った物件が見つかって、いざ購入したい、もしくは新築したいとなった場合にはあれこれと細かい要望が出てくるはずです。最初は予算内に収めようと思っていても、要望を加えていくと予算オーバーになってしまうこともあるでしょう。

こうした時、住宅会社の担当者としては断る理由がありません。もちろん、お客様としてもそれで満足されるのであれば問題はないでしょう。

問題は、判断基準がないまま要望を加えていき、住宅ローンの額を増額してしまうことです。

迷ったら一度持ち帰ろう

最初は住宅ローンの返済額は毎月7万円までと考えていたけど、実際に借り入れしてみると8万円を超える金額だった、というような話は良く聞きます。

住宅ローンの増額をする時は、この最初の7万円という額をどうやって算出したかにもう一度立ち返ってみましょう。現在の家賃が6万円位だから、1万円のプラスまでなら大丈夫だと考えたのか、はたまたなんとなく決めてしまったのか。

上記の例のように住宅ローンを当初の予定より増額してしまうような場合にはその場で返事をするのではなく、一度持ち帰って8万円の支払いが可能なのかどうかよく検討することをおすすめします。

ファイナンシャルプランナーなど第三者機関の利用も検討してみよう

住宅ローンの返済額を決めるにあたり考えておきたいのが将来設計についてです。

7万円の返済額の理由に、将来子供が高校や大学に進学する時のことも入っているかどうかは大きな違いがあります。

最近では住宅会社の営業マンも依頼すれば将来設計まで含めた返済プランを提案してくれるところも多くなっています。しかし、前述したように住宅会社の使命は良い家を建てることなので、借入額が大きくなってしまう可能性があります。

予定より家づくりに必要なお金が大きくなりそうな場合にはファイナンシャルプランナーなど第三者機関に相談してみて、返済額はいくらまでなら余裕があるのか調べてみると良いでしょう。


 

住宅会社の担当者は、基本的にはお客様の味方をしたいと思っており、お客様の将来のことを考えてもいるものですが、それでも住宅ローンを住宅会社に頼りすぎてしまうと借入額が大きくなってしまう可能性が高いものです。

住宅ローンはほとんど一生のことですので、借入額の増額をする前にしっかりと検討する時間を設けることをおすすめします。



 - 住宅会社から見た住宅ローンに対する本音